2018年11月30日 08:40  カテゴリ:うちの子のかわいいつぶやきカテゴリ:わたしを支えた名言たち

しあわせをわけてあげるの



わが家の子どもたち

四つ葉探しが大好きなのです(*≧pq≦)

四つ葉のクローバーをみつけると
しあわせになれるんだって٩(๑❛ᴗ❛๑)۶



長男くんは みつけた 四つ葉のクローバーを
ラミネートし、しおりを作りました。

その当時、大好きだった先生たちに

*+゚。゚*+*.+*・.゚*・.*゚

しあわせをわけてあげるんだよ

*+゚。゚*+*.+*・.゚*・.*゚

人とうまくコミュニケーションがとれない長男くん。

でも、心優しい男の子なのです( •ॢ◡-ॢ)-♡  


Posted by spring13 │コメント(0)

2018年11月29日 23:27  カテゴリ:わたしを支えた名言たち

いつも綺麗でいなさい。



抱っこされているのは
私の祖父です。

そして、私の曽祖父母と祖父の姉、兄です。

曽祖父は私が1歳のとき、曽祖母は高校1年生のときに亡くなりました。

この家に嫁いできた祖母から今でも言い続けられている言葉です。

*+゚。゚*+*・.゚*・.*゚

いつも綺麗にしていなさい。

*+゚。゚*+*・.゚*・.*゚

曽祖母は1日3回お化粧をする人だったそうです。

いつお客さまがお越しになっても
どこで誰に会っても
この家の妻として 母として

いつも身だしなみを整えなさい

と祖母は教えられていたそうです。


この鹿児島の祖父母の家に遊びにいくと服装や髪型について小言を言われたものでした(◍ ´꒳` ◍)

幼い頃から礼儀作法に厳しかった祖母。お客さまがいらっしゃると、私は祖母に呼ばれ、正座をし、膝の前で指先揃えてご挨拶をするのです。

ところが、お年頃になると、髪を茶色くしてみたり、ミニスカートやらダメージジーンズやら楽しみたくなるのです(σ・з・)σ

そんな格好で祖父母宅へ会いにいくと、当然、「んにゃもう!!」と薩摩言葉で叱られたものでした(:.o゚з゚o:.)

そんなに外見が重要??
と尖っていた若い頃の私。

…でも、今ではわかるのです。

いつも綺麗でいなさい。

それは、

自分以外の方に不快な思いをさせないように、と思いやる心持ち。

初対面のお相手の方に対しても、快く受け入れていただくためのおもてなしの心。


身だしなみをきちんと整えたり、言葉遣いに気をつけたりすることは、相手への心遣いにつながる。


心の持ち方は顔に出るという。


私は美人ではないけれど、
心美人を心がけ、綺麗でいたい…










  


Posted by spring13 │コメント(0)

2018年11月11日 23:45  カテゴリ:わたしを支えた名言たち

人生はどう生きるかなんだ。長さは重要じゃない。





数年前、テレビ番組でプロジェリア患者のアシュリーちゃんを知りました。
人よりも何倍もの早さで老いていき、平均寿命は13歳。

アシュリーちゃんが恋するジョンくん(アシュリーちゃんと同じプロジェリア患者)の言葉でした。

*+゚。゚*+*.+*・.゚*・.*゚*+゚。゚*+*.+*・.゚*・.*゚

人生はどう生きるかなんだ 長さは重要じゃない。

*+゚。゚*+*.+*・.゚*・.*゚*+゚。゚*+*.+*・.゚*・.*゚

保育士最後の年、私は障害児デイサービスセンターに勤務していました。

Mちゃんは5歳でした。
染色体異常の難病のお子さんです。
身体は1歳半くらい、小さな小さな女の子でした。
言葉はまだ出てきていませんでしたが、表情や声でしっかり思いを伝えることができる子でした。

登園すると、真っ先に職員室にご挨拶にきてくれました。
満面の笑みでおじぎをし、早くあそぼう!と手をひっぱります。
泣いている子をみつけると、ティッシュの箱を抱えてきてくれる優しい子です。


ただ、免疫機能が弱いため、風邪ひとつでもMちゃんにとっては命取りでした。

木枯らしが吹き、園でも風邪が流行ってきました。

登園は無理されなくても…

お母様にそう声をかけても、Mちゃんが来たがるので…と。

私にはお母様の方針を理解することは難しかったのです。
命に関わることでしたから。

…春。

風邪から肺炎を起こしたMちゃんは5年の生涯を閉じました。

この園での1年、Mちゃんははお友だちや先生という存在ができ、これまでできなかった経験がいくつもできました。
お友だちと同じ時間、同じ経験を共有することで、楽しい気持ち、嬉しい気持ち、思い通りにならないもどかしい気持ち、悲しい気持ち、怒れる気持ち、誰かを喜ばせたいと思う気持ち…。

「先生、Mはとても幸せな人生でしたよ。」

そうして、Mちゃんのお母様が笑顔で、初めて母になる私のお腹に手を当ててくれました。

「先生、出産がんばって!赤ちゃん、楽しみにしてるね!」


命を最優先させたい。
生き方を大事にしたい。

どちらが正解なのか、今でもわからないでいます。間違いも正解もないような気がします。

ただ、授かった命への愛の深さを知りました。

そして…

生きることの意味を探している時間ももったいない。生きること自体を楽しまないと。

それを静かに静かに教えてもらった気がします。



  


Posted by spring13 │コメント(4)

2018年11月09日 21:51  カテゴリ:うちの子のかわいいつぶやきカテゴリ:わたしを支えた名言たちカテゴリ:子どもたちからの贈り物

早く元気になって…(p_q*)シクシク



下から見上げるように撮るときれいだよ
(◍•ᴗ•◍)

長男くんが通った小学校は紅葉がとても美しくて、私はどこの名所よりもここのもみじが一番だと断言できる( *´艸`)

この写真は
長男くんを小学校に迎えに行ったときに
長男くんが撮ってくれたもの。

下から見上げるととても綺麗なんだと教えてくれました( *´艸`)

同じものを見ているようで
ちょっと角度が違うだけで見え方が違う。

大事なことを教えてもらった気がします。

そんな私のかわいい長男くん、
今日学校から帰宅すると39.6度…( ゚д゚ ;)

そのままパタンと倒れこんでしまいました。

明日は一緒におでかけするつもりだったのに…

早く元気になって…˚‧º(˚ ˃̣̣̥᷄⌓˂̣̣̥᷅ )‧º˚

  


Posted by spring13 │コメント(0)

2018年06月12日 08:50  カテゴリ:わたしを支えた名言たち

子どもは、静かな落ちついた中で育つと平和な心を持つようになる。



『子どもは大人の鏡』
ドロシー・ロー・ノルトさんの詩から。

子どもの1番身近な大人は親。

赤ちゃんの育ちをみていると身近な人を真似て学んでいることに気付かされます。

わが家の末っ子お姫ちゃんは
お兄ちゃんお姉ちゃんと9歳以上離れています。

そして、お姉ちゃんたちは年子ちゃん、お兄ちゃんは長子。

さらにさらに思春期に突入。

きょうだい喧嘩が勃発すること多々あります(p_q*)シクシク

さてさて、
ママは喧嘩が勃発してもしばらく見守っています。

お互いの思いを主張するのは大事だと思っているからです。

でも…
主張しすぎて相手の話を遮ってしまいエスカレートすると大きな声の出し合いに発展。

そこで一旦ママ介入。

『お姫ちゃんのお顔を見てごらん。』

お姫ちゃん、今にも泣きそうに…(ρ゚∩゚)

『大好きなお姉ちゃんお兄ちゃんたちが、怖い顔をして、大きな声を出して、お姫ちゃんはどんなに怖かっただろうね…。』

お兄ちゃんお姉ちゃん一同、黙りこむ。

相手に自分の思いを伝えることは大事。
でも無理矢理押し付けようとするとイラッとして大きな声になってしまう。

どちらかが屈するまでそれは続く。

相手の存在を、相手の価値観を、相手の思いを、尊重しよう。

それは相手の言いなりになることじゃないよ。

自分の思いも聞いてもらって相手の思いにも耳を傾けて。

みんなでアイデアを出し合えば、もっと楽しくなるよ。

自分は正しいと思うことが、他の人からみると間違いであることにも気付ける。

落ち着いて話し合うと、見えなかったことが見えてくる。

怒り狂うのは時間の無駄だし、嫌な思いをするし、周りの人にも迷惑かけて、自分にとって損だよ。

怒られちゃうしね(*≧艸≦)

お姫ちゃんはお兄ちゃんお姉ちゃんが大好きだから、優しいお兄ちゃんお姉ちゃんでいてほしいな。

そんな話をすると、
お姫ちゃんに

ごめんね。怖かったね…

と、謝る皆さまでした٩(๑❛ᴗ❛๑)۶






  


Posted by spring13 │コメント(0)

2018年06月08日 05:36  カテゴリ:わたしを支えた名言たち

道は必ずある



子どもの頃、私は探検家でした( *´艸`)

今、親の立場になって、この時代になってみると、なんて危険なことを…(╬☉д⊙)
…と思うのですが…

迷子になってもなぜか

『大丈夫!道は必ずどこかにつながってる!』

と妙なポリシーを持っていました。

不思議なことに、私は行き止まりにあったことがなく、必ずどこかに出るのです。



大人になり、彼氏ができ、週末は彼の運転でドライブを楽しみました。

…なぜか道に迷い
行き止まりに遭遇するのですʅ(。◔‸◔。)ʃ…



イライラする彼氏に
私はいつも声をかけていました。

大丈夫!
道は必ずあるから(◍⁃͈ᴗ•͈)४४४♡*

ちょっと戻れば
まわりをよく見たら
別の道が必ずあるものでした。



大自然の中で
風の音や、波の音、鳥たちのおしゃべり声、
きらきらした木漏れ日、草花の香りに包まれて、小さな頃の私は大事なことを教えられたように思えます。

大丈夫!
道は必ずどこかにつながってる(◍⁃͈ᴗ•͈)४४४♡*



  


Posted by spring13 │コメント(0)

2018年05月13日 07:19  カテゴリ:わたしを支えた名言たち

愛は行動なのよ。言葉だけではだめなの。



オードリー・ヘップバーン

  


Posted by spring13 │コメント(0)

2018年04月27日 15:32  カテゴリ:わたしを支えた名言たち

悩みが多いほど人に優しくなれる。



::::::::::::::::::::::::::::::::::

悩みが多いほど、人に優しくなれる。

::::::::::::::::::::::::::::::::::

長男が小学校卒業を前に、
この子が何を考えているのか
何を悩んでいるのかわからずに
わたしは母親としてどうしたらよいのか
その思いを連絡帳に吐露した時の
担任の先生の言葉でした。

男の子って言わないことが多いのかな

悩みは成長過程に必要なもの。

打ち明けなくてもママは見離さないよ^^

  


Posted by spring13 │コメント(0)

2018年04月21日 23:50  カテゴリ:わたしを支えた名言たち

臨機応変



社会人1年目に配属された園の園長先生は
めちゃくちゃ厳しくて、なんでこんなにつらいの〜(ρ゚∩゚) グスン…

表の顔は仏さまのように穏やかで優しく、私たちには一変閻魔さまのようで地獄…

でも過ぎ去れば、私を思っての暖かいお叱りだったのだと思う。

そんな園長先生の口癖が

*+゚。゚*+*.臨機応変に!+*・.゚*・.*゚

でした。
今の私を作ってくれた言葉だと思う。



  


Posted by spring13 │コメント(0)

2018年04月11日 21:28  カテゴリ:わたしを支えた名言たち

しあわせはいつもじぶんのこころがきめる



*+゚。゚*+*.*・.゚*・.*゚*

しあわせは
いつも
じぶんのこころが
きめる

*+゚。゚*+*.*・.゚*・.*゚*

長男くんの学校の先生に

ーおかあさんをみていると
「しあわせは いつも
じぶんの こころがきめる」
という言葉を思い出しますー

と言われたことがあった…

まわりの人たちからみたら
大変そうにみえているのかもしれない。

でも、わたしにとっては
これがあたりまえの日常で

なんでもない日の中に
ちいさなよろこびや
こつぶな発見があったりで

彩りのある日々を過ごしています。

あれもしたいのに
これもしたいのに
今日も昨日も
きっと明日もガマンガマン

そんな考えを
ずいぶんと前に
ぽいっと捨ててしまいました( *´艸`)

わたしがしあわせだと思えたのなら
それは
しあわせ (۶•౪•)۶❤٩(•౪•٩)





  


Posted by spring13 │コメント(0)