ブーログ › 〜**:.。. ゆるふわ子育てDiary.。.:**〜 › 

ママの心に響いた唄たち

2018年11月13日 23:46  カテゴリ:ママの心に響いた唄たち

手紙〜




「手紙〜拝啓 十五の君へ」
アンジェラ・アキ

https://youtu.be/erGCAu_hFqM

私自身が常に緊張状態の子育てに追われ
日付が変わったこともわからないでいた時期、
NHKのみんなのうたで流れてきて、
子どもたちを前にポロポロ泣けてしまった歌です。

人生のすべてに意味があるから
おそれずにあなたの夢を育てて

負けないで 泣かないで
自分の声を信じて

今を生きていこう


先の心配ばかりして不安で不安で泣けていた日々・・・
私のもとへやってきてくれたこの子たちの「今」をみてあげないでどうするの
今このときできることを一歩一歩やっていこうよ
大丈夫だよ

そう応援されたように感じました。

あれから10年・・・

思春期真っ只中のお兄ちゃんに贈ります




  


Posted by spring13 │コメント(0)

2018年10月25日 19:36  カテゴリ:ママの心に響いた唄たち

花の名+*・.゚*・.*゚




BUMP OF CHICKEN
花の名

年子ちゃん姉妹が七五三を迎えたとき
これまで撮りためた写真でフォトムービーをつくりました。

映画 Always 3丁目の夕日 の曲。

直感的に親子の歌かな…と


一緒に見た空を忘れても 一緒にいた事は忘れない…

あなたが花なら 沢山のそれらと
変わりないのかも知れない
そこからひとつを 選んだ
僕だけに あなただけに

迷わずひとつを 選んだ
あなただけに 歌える唄がある
僕だけに 聴こえる唄がある…


女の子は お嫁さんに行ってしまう

子育て中、子どもとの時間は果てなく感じるけれど、いつかこの子たちも恋をして家を出て行ってしまう…

長女ちゃん妊娠中、つわりがひどく毎日点滴に通っていました。
当時長男くんは3歳。遊びたい盛り。
産婦人科では入院を勧められたものの、長男くんはアレルギーがひどく、喘息で入退院を繰り返していた頃。私しか長男くんの面倒を見ることができない状態。
ごはんもきちんと作れず、たちあがることもできず、長男のこともまともにできず、あまりのつらさに「もう許してよーっ!!」と泣き叫んだ私…
おまけに逆子、低置胎盤、前置血管まで…

その時、私を支えてくれたアレルギー仲間のママ友さんから、読んでみてね、とプレゼントされた「私があなたをえらびました」という本と、ママ友のサポートで乗り切ることができました。


この子たちが私を選んでくれた

私がこの子たちに会いたくて一所懸命に手をのばし、産声と一緒にこの手この胸に抱いた

一緒に過ごせる時間は限られている
一緒に生きる時間も限りがある

その時間を大切に大切に過ごそう…と
たくさんの思い出を共有していこうね…と

そんな思いでこの曲を選びました。

https://youtu.be/yCmszbd99j4




  


Posted by spring13 │コメント(0)