2018年03月23日 23:56  カテゴリ:わたしを支えた名言たち

人生はどう生きるかなんだ 長さは重要じゃない。



数年前、テレビ番組でプロジェリア患者のアシュリーちゃんを知りました。
人よりも何倍もの早さで老いていき、平均寿命は13歳。

アシュリーちゃんが恋するジョンくん(アシュリーちゃんと同じプロジェリア患者)の言葉でした。

*+゚。゚*+*.+*・.゚*・.*゚*+゚。゚*+*.+*・.゚*・.*゚

人生はどう生きるかなんだ 長さは重要じゃない。

*+゚。゚*+*.+*・.゚*・.*゚*+゚。゚*+*.+*・.゚*・.*゚

保育士最後の年、私はデイサービスセンターに勤務していました。

Mちゃんは5歳でした。
染色体異常の難病のお子さんです。
身体は1歳半くらい、小さな小さな女の子でした。
言葉はまだ出てきていませんでしたが、表情や声でしっかり思いを伝えることができる子でした。

登園すると、真っ先に職員室にご挨拶にきてくれました。
満面の笑みでおじぎをし、早くあそぼう!と手をひっぱります。
泣いている子をみつけると、ティッシュの箱を抱えてきてくれる優しい子です。


ただ、免疫機能が弱いため、風邪ひとつでもMちゃんにとっては命取りでした。

木枯らしが吹き、園でも風邪が流行ってきました。

登園は無理されなくても…

お母様にそう声をかけても、Mちゃんが来たがるので…と。

私には理解することが難しいことでした。
命に関わることでしたから。

…春。

風邪から肺炎を起こしたMちゃんは5年の生涯を閉じました。

この園での1年、Mちゃんははお友だちや先生という存在ができ、これまでできなかった経験がいくつもできました。
お友だちと同じ時間、同じ経験を共有することで、楽しい気持ち、嬉しい気持ち、思い通りにならないもどかしい気持ち、悲しい気持ち、怒れる気持ち、誰かを喜ばせたいと思う気持ち…。

「Mはとても幸せな人生でした。」
「先生、出産がんばって!赤ちゃん、楽しみにしてるね!」
Mちゃんのお母様が笑顔で、初めて母になる私のお腹に手を当ててくれました。

命を最優先させたい。
生き方を大事にしたい。

どちらが正解なのか、今でもわからないでいます。間違いも正解もないような気がします。

ただ、授かった命への愛の深さを知りました。

そして…

生きることの意味を探している時間ももったいない。生きること自体を楽しまないと( •ॢ◡-ॢ)-♡








  


Posted by spring13 │コメント(0)

2018年03月23日 14:08  カテゴリ:アレルギーっ子の食生活

(☉д⊙)くるくるアップルパイ



パイ生地もりんごも細長く切って、りんごに生地をくるくる巻いていくだけ(◍•ᴗ•◍)

仕上げにお砂糖ふりかけて、オーブンへ。

りんごは生のままでok!
楽ちんおやつ( •ॢ◡-ॢ)-♡

市販のパイシートでもっと楽ちん(*≧艸≦)  


Posted by spring13 │コメント(0)

2018年03月23日 00:05  カテゴリ:わたしを支えた名言たち

子どもたちに恋をしなさい。



学生時代、初めて幼稚園、保育所に実習に行くことになったとき、教授から言われた言葉です。

*+゚。゚*+*.*・.゚*・.*゚*+゚。゚*+*.*・.゚*・.*゚

子どもたちに恋をしなさい。

*+゚。゚*+*.*・.゚*・.*゚*+゚。゚*+*.*・.゚*・.*゚

恋する相手に、あなたはどうする?
相手のために、相手のことを思い、あなたは何をする?
子どもたちに恋をするような気持ちで接しておいで。

当時、子どもを生み育てたことのない、まだまだ未熟な私たち学生にとって、とてもわかりやすいアドバイスでした。

今でも心に残る大切な言葉です。


  


Posted by spring13 │コメント(0)