2018年03月31日 09:10  カテゴリ:子どもたちとの日々

子どもの目線で見る景色



ちいさな子どもとおでかけしようと思いたつとき、無意識に私目線で行き先を決めてしまうことがある

あそこの桜を見に行きた〜い!とか…
ここ楽しそうだよ?行ってみよーよ!とか…

でも、せっかく行ったのに、子どもはあまり反応がなく、つまらない…と。

そりゃ、つまらないのです。
お花見に行っても子どもの目線で見える景色はたくさんの人々の足、足、足…˶⚈Ɛ⚈˵

なので、お花見といったら、桜の名所ではなくひっそりと穏やかに咲き誇る桜さま( *´艸`)

自然のまま、ありのままの美しさがそこにある。

足下ににぎやかに広がる春の草花。
落ち着きのないアリさん。
頂上目指してがんばるテントウムシ。
にょきにょき背伸び競争つくしんぼ。

子どもの目線で見る世界の楽しいこと!
こんなワクワクするんだ〜(๑✧◡✧๑)

子ども心をふと置き忘れてしまうママ反省です(◍ ´꒳` ◍)

今日も大冒険❤⃛*:・✿*。




  


Posted by spring13 │コメント(0)